アンチエイジングがなければお菓子を食べればいいじゃない

人気記事ランキング

ホーム > 仕事 > 横浜入国管理局

横浜入国管理局

横浜入国管理局が外務省の審査の前に下準備するイメージです。

通常、外国人が日本に滞在する場合には、査証(ビザ)が必要となります。

横浜入国管理局が外務省の下準備をするのですが、逆にそれで大半の審査はすんでしまうほど重要です。

観光などを目的とする短期滞在の場合は査証を免除するという協定を多くの国や地域と結んでいますが、協定外の国や地域、または長期にわたって滞在する場合には、就労・留学・家族滞在など、それぞれの来日目的に応じた査証の発給をあらかじめ受けていることが必要となります。
このとき、本国における日本大使館や領事館の査証業務をスムーズに進める助けとなるのが、在留資格認定証明書です。これは、来日目的が正しいものであるかどうかを事前に日本国内の就労予定先や受け入れ予定施設などに確認し、法務大臣がその事実を証明した書類です。査証の発給を申請する際にこの証明書があれば、非常に短期間で手続きを終えることができます。

横浜入国管理局にはとても多くの人がいて大病院のような雰囲気です。