アンチエイジングがなければお菓子を食べればいいじゃない

人気記事ランキング

ホーム > 生活 > お正月太りの原因は、お餅ではない

お正月太りの原因は、お餅ではない

年末年始にかけて、つい暴飲暴食をしてしまう...という経験は、誰しもあるものではないでしょうか。
特にお正月は、仕事もお休みになって、ただ食べて寝るだけの生活に陥りがち。
運動をしなくちゃなぁと思っても、寒くてなかなかこたつから出られませんよね。

お正月と言えば、「お餅を食べ過ぎると太る」という話をよく聞きます。
しかし、これは全くの迷信。お正月太りの原因は、お餅ではないのです!

まず、ご飯とお餅のカロリーを見てみましょう。
ご飯100gのカロリーは168kcal。それに対して、お餅100gあたりのカロリーは235kcal。
100g単位のカロリーで言えば、ご飯の方が若干少なめなんですね。

しかし、実際にはこれにおかずや汁物などの副菜がつくことがほとんど。
逆に、お餅は腹持ちがよく、お米よりも消化が遅いため、長い時間満腹感を感じていられるのです。

正月太りの直接的な原因はお餅ではなく、食べ過ぎや運動不足によるもの。
ついお酒を飲み過ぎてしまったり、お菓子を食べてしまったり、そういったことが太る原因になっているのです。

*********************